インターネット上のホームページは、Webサイト、Webページ、そしてホームページといろいろな呼び方で表現されていますが、正確にはこの3つに違いがあるのご存知でしょうか?

今回は、簡単にこの3つの呼び方の違いについてお話します。

今皆さんが読まれているこのページは、Webページです。
このサイトでご紹介している、ワークショップの内容や講師のプロフィールなども、それぞれがWebページです。

 Webサイトは、このようなWebページをひとつの名前(ドメイン)でまとめている呼び方です。 ですので、このサイトでいうと workshop.five678.org の部分がWebサイトです。

そしてホームページは、Webサイトにアクセスしたときに表示されるトップページを指します。 トップページには、ふつう index.html とか top.html という名前がついているのですが、特にこの名前を指定しなくても、http://Webサイト名/ と入力すると表示されるページをホームページと呼んでいます。

この3つの名前、すべて同じように使われることが多いですが、ちょっと違いがありますよ、というのが今回のお話しです。

というわけで、これからのお話し、特定のページを指す時以外は、このシリーズでは Webサイト を使いますね。

 

 

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.