Zoomは、ビジネスでのミーティングや講習会で使われるサービスなため、ソフトウェアの初期設定が、「ミーティング中の人の声」や「講習会での人の動き」に適した設定になっています。

そのため、バレエやダンスのクラスでZoomを使う(レッスンのための音楽を流したり、レッスン中の大きな動きを撮影する)ためには、これらの設定を変更したり、或いはZoomの持つ別の機能を使う必要があります。

ここではZoomクラスで高音質の音楽を流す方法 についてご紹介します。

Zoomで、バレエやダンスのオンラインクラスを開催したときに、PC内のiTuneライブラリ、アマゾンMusic、Spotifyなどの音楽を使われている方には、下記の方法でクラス用の音楽を流すと高音質の音楽を生徒さんに届けることができます。

注)説明内の画像は、Zoom英語版のため英語表記になっています。
1.ミーティング画面下の操作パネルから「画面の共有」を選択

2.画面を共有から次の設定

-「詳細」タブをクリック(1.)
-「コンピュータサウンド」を選択(2.)
-「コンピュータの音声を共有」をチェック(3.)
-「画面の共有」をクリック

3.共有ができたら、画面上にコンピュータの音声共有が表示されていることを確認

以上です。 この設定ができたら、iTuneライブラリやアマゾンMusic、Spotifyなどからレッスンに使用する曲を流してください。 これによって、マイクを通さない、高品質の音楽が生徒さんに届きます。