前回は、音楽をPC内蔵のマイクを通さず流す方法について説明しました。
今回は、デフォルトでは人の声に合わせた設定になっているマイクの設定を変えて、音楽を流してみる方法について説明します。

最初にもお話したように、Zoomのオーディオの基本設定は、ミーティング中の「人の話し声」を綺麗にひろうように設定されています。 言い換えると、それ以外の音は 雑音(ノイズ) として処理するような設定になっています。 そこで今回は、この設定を変更し、マイクから音楽を流す方法にチャレンジしてみます。

注)説明内の画像は、Zoom英語版のため英語表記になっています。
1.操作パネルのマイク、もしくはホーム画面の設定から「オーディオ設定」を選択


2.オーディオ基本設定の右下にある「詳細」をクリック


3.次の3つの設定を変更
・ミーティング内オプションをマイクから”オリジナルサウンド有効化”に表示チェックを入れる。
・連続的な背景雑音の抑制→無効
・断続的な背景雑音の抑制→無効


4.ミーティング画面の「オリジナルサウンドをオンにする」をクリック


以上です。
この設定は、PC内蔵のマイクが拾った音をオリジナルサウンドに近い形で流す設定なのですが、この設定が効果的に表れるかどうかは、PC内蔵のマイクの性能によります。 マイクによっては、この設定を変えても、音にほとんど変化がない場合もあります。 ですので、この設定を試すときには、流す音楽にどのくらいの違いが出るか、事前に確認することをお勧めします。

関連記事
Zoomクラスで高品質の音楽を流す方法1